« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

為になる スピーチ!

2010.7.20

茹だるような暑さの中での第808回例会は、決算予算例会として開催memo
“楽しくやろうライオンズ”の会長スローガンも言いなれてきた感である。

Dsc_0008s 「本日は議案も盛りだくさんなので…」と横山会長の挨拶もコンパクトにまとめられ、前年度クラブ会計の決算報告がL蛯名より、そして本年度の予算案がL加藤より報告され、承認・可決される。

そしてメンバースピーチに登場したのがL森山…。“旧い(ふるい)床しさ(ゆかしさ)の再生”という興味深い演題である。
建築屋としての森山氏からは、法隆寺金堂の解体修理や薬師寺金堂、同西塔などの再建を手がけられた棟梁 西岡 常一氏の大工魂が紹介された。
「檜には檜の命があり、鉄より強し!」…。日本古来の木造建築、そして材料となる木を選定する上でのポイントなどが解りやすく報告される。

Dsc_0013s
sign04そのポイントのみsign04列挙する。
 1.日本古来の木と特長
   檜    =宮殿・建物等に幅広く使われ非常に強い。耐久性は1200年        杉・楠   =刳りものに相応しい。船を刳り貫くことに適している。
   槇         =水に強いが節が多い。桶在に適する。
       ヒバ      =水に強い。建物の土台に適する。
       ケヤキ  =材のなかに強弱の部位がある。
       松         =ヤニが出る部分は強いと言われる。耐久性は400年。

 2.檜の山の植生位置による材料の特長
       峠     =強い
       中腹 =使いやすく加工もしやすい
        麓     =柔らかい
        東南 =固い
        西     =素性が良い
        北    =柔らかい

 3.五重の塔の材料は丸々一山!
       ・山にも東西南北があり、建物も同様。
       ・建物の東西南北の材料を、山の植生位置と同じにすることにより、建築後の狂いが少ない。
       ・文化財になり得る建物を建設するには、丸々一山を材料として確保する。

 改めて、建築家としての森山氏のスピーチを聞き、日本の風土にあった木造建築の素晴らしさや文化を感じた。

 またTTタイムでもL佐野による“ためになる講座”が…。食品製造会社を経営されている同氏ならではのミニ講座であった。
まず、清美軒で製造された食パンとバターロールがサンプルとして全員に配られた。「このパンは食品添加物を一切いれてない安全・安心のパンです!」と…。
Dsc_0016s 「本来の天然の添加物といわれるものは、クチナシ・シソ・バラなどであり、現在の食品製造で使用される化学的な添加物は393品目にもなります!」と付け加えられる。
資料では県下の食中毒発生状況や防止策も配布され、食や健康に対する意識が高まったTTタイムであった。

|

出航…横山丸☆

bellshine就任例会shine   2010.7.6

 七夕を翌日に控えての7月7日・・・。

第807回の例会は本年度のスタートである就任例会♪

「楽しくやろうライオンズ!」 横山会長の本年度スローガンも会場に掲揚され会場は新規一転ムードだ。new

Dsc_0002s_2   Dsc_0003s_2 例会では先ずは、横山会長による所信表明がされる。本年度地区ガバナーの基本方針資料をベースに、「会員増強・社会貢献事業」などへの想いが述べられる。また新たな事業展開のためにも『ドネーション協力を』・・・や、『クラブライフを存分に楽しもう!』など、ベテラン域の横山節が冴える。

 その後は青少年育成の継続事業として“派遣YE生 壮行会”を挙行。派遣生徒である静岡市立清水商業高等学校の杉山鈴賀さんと、杉山教頭を拍手で迎え、会長からは激励挨拶…。そして杉山さんからは、その激励に応えるべく以下4つの目標をもってマレーシアを訪問することを英語でスピーチされる。

  1. 英語での会話の機会を積極的にトライする。
  2. マレーシアの文化を、さまざま経験を通じ把握する
  3. 日本文化の素晴らしさもホストファミリーに伝える。富士山の自慢も♪
  4. 貴重な交流機会を通じ沢山の友人をつくる

Dsc_0008s Dsc_0010s  airplane杉山さんの期待と希望に満ちた輝く目eye・・・ 今から帰国後の一回り成長したスピーチが期待される。

Dsc_0015s Dsc_0016s Dsc_0018s Dsc_0021s そして本日は就任例会でもあるので、冒頭の横山会長に続き幹事・会計・各担当委員長がそれぞれの所信・年間計画の報告がされた。前年度3役への記念品の贈呈も行われ。新旧交替…まさに横山丸が清水の港を出港したbell

|

槌の引渡し…お疲れ様 神谷丸♪

ジョイント例会!!☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

June.14(SAT)

 …ジョント例会の当日、ゴルフ組は日本平ゴルフクラブに集結!ゴルフ部7名の懇親プレイgolf
スコアよりも、懇親・懇親…です。新緑の中での清々しいラウンドは無条件に楽しい!
  夕刻にはクラブメンバー17名が日本平ホテル宴会場に集結。
Dsc_0003s

賑 しくも厳粛なうちにジョイント例会が進行。開会ゴングの後は、本年度例会最後の神谷会長の挨拶。『永い…と思ってたけど、過ぎてみれば…』と一年間を振り返る。
Dsc_0010s そして恒例の次期横山会長への“槌の引渡し”。来年度への期待、そして本年度の感謝を込めた槌が神谷Lから横山Lへと引き渡された。

Dsc_0011s_2そしてジョント例会での神谷会長による“会長アワード”の発表と表彰。
 参加率向上の規範となった例会へのフル出席、瀬口L・蛯名L両名に感謝の気持ちが手渡される。

Dsc_0008s横山Lによる乾杯後、アトラクションとしては大石L手配のハワイアン…Mr.青木の軽快なスチールギターが潮風に誘われビーチにいるような雰囲気になるnotes

Dsc_0013s Dsc_0014s Dsc_0016s フラダンスも披露され、平素のジョイント例会とは異なる?格調高い時間が流れた。
ゆるやかさと華やかさ溢れるリズムとダンス…ありがとうございましたshine

 そしてTTタイムは瀬口Lが楽しいゲームを提案…。
特選コンパニオンも参加し、新聞を何度も何度も折るゲームではあるが、あえてクラブイメージ堅持のために写真は控えておきますcoldsweats01
とにかく、笑顔溢れるジョイント例会フィナーレを迎えたことは事実です。

Dsc_0036s
 閉会ゴングは蛯名L。平成21年度の「寛容の心と楽しい奉仕」を実践された役員に感謝しつつ、平成22年度ベテランの横山丸の出航を全員で誓った例会でした♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »