« 2009年9月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

春風に 紙ヒコーキ!!

「薬物乱用防止教室」&「紙ヒコーキ大会」

 2010年3月14日、清水区長崎新田スポーツ交流センターにて、昨年度に引き続いてのアクトを開催した。

 Am8:30 晴天ということもあり、クラブ活動によって若干集まりが悪かったが、児童約50名と父兄10名、そして紙ヒコーキ日本チャンピオンを誇る、大石Lをはじめとするみなとライオンズメンバー10名が集結。

 まずはウォーミングアップを兼ね、コピー用紙での紙ヒコーキ製作・・・そして全員が揃ったところで、神谷会長による開会宣言!

Dsc_0002 Dsc_0006 Dsc_0015  約50分かけて上手に飛ばせば30秒の滞空時間を誇る「スターター・エフ」の製作。父兄もライオンメンバーも真剣だ。主翼に思いおもいのデザインを施し、セメダインでパーツを組み立てていく。懐かしき図工の時間が蘇る。

Dsc_0019 Dsc_0027 Dsc_0031  そして完全に接着するよう組み立てられたヒコーキが日向で勢揃い!この時間を利用し、本日の主目的である「薬物乱用防止教室」:「ダメ!絶対運動」である。

Dsc_0029  解りやすいDVDを真剣に観たのちに、防止指導員:石原Lによる講演。約30分の特別教室であったが、全員が提出した感想文を見るに薬物の恐ろしさへの理解や断る勇気をもつ!などの子供たちの意思が感じられ、有意義な機会とできた。またこの時間を利用し大石Lは出来上がった飛行機が確実に大空に舞うよう、1機づつ主翼や尾翼の微調整や手直しをしていたのであった。

 Dsc_0041

Dsc_0049_2 昼前には閉会し、いよいよグラウンドでの飛行実演! 子供たちはヒコーキを宝物のように抱え集合。タイミングよく朝の強風も収まり、絶好のフライト日和になった。ゴムの張力を利用し、飛ばすタイプのヒコーキであり、はじめは手こずっていた子供たちも、大石Lの的確な指導で、徐々に滞空時間が増えていった。

Dsc_0044 子供たちの元気な歓声を聞きながら、健やかな成長とダメ絶対!を改めて願ったひとときであった。

|

CN33記念例会♪

2010年3月2日 第799回例会は、CN結成記念例会♪

 清水みなとライオンズクラブが結成され、早や33年。さまざまな変遷があったことと思われるが、クラブ先輩諸兄に感謝しつつ現メンバーの絆強化を一層感じるひとときであった。

Dsc_0081_2 Dsc_0084_2  今年度のクラブ事業もあと4ヶ月となったが、神谷会長のゴングで開会し、委員会報告では過日入会した新入会員…中村Lからの報告もkaraoke

Dsc_0087_2 Dsc_0083_2  そして本日のメインは望月Lによるメンバースピーチ。市議である望月Lならではの演題により、清水区や来年度行政施策に関する詳細報告がされた。

 我が街“しみず”、そして静岡全域の未来像を真剣に考える貴重なレクチャーであった。

望月L…お疲れ様でしたpaper

|

年男活躍!節分例会♪

平成22年2月16日 第798回例会は、恒例の節分例会。
毎年年男による豆まきで邪気払いとメンバーの親睦を深めることが目的punch

嬉しいことに古希を迎えられた片岡Lも久々の出席!メンバーも以前に比べ減少しているが、
懐かしい面々にお酒のピッチも進むpouchbeer

Dsc_0068_2 Dsc_0072_2

蛯名Lが年男を代表し、豆まき並びに年男スピーチと大活躍。

Dsc_0075 Dsc_0077_2
楽しそうに飲んでいる森山Lもインフルエンザを機に禁煙banしているそうであるが、いつまで続くのであろうか…?(祈)sweat01
いづれにしてもメンバー全員の健康を誓うことも節分例会の目的であろう。

Dsc_0079

…春はすごそこ! 皆さん お元気でflair

|

第14回清水みなとライオンズ寄席♪

 平成22年2月5日、恒例の清水みなとライオンズ寄席が清水文化センター中ホールで5百名のお客様を迎えて開催された。
今回は「四代目江戸家猫八襲名記念 新春お笑いの夕べ」として銘打ち、前評判も上々…scissors
数えること今回で14回となったが、この収益金は毎回「社会奉仕事業・青少年育成事業の活動資金」としてしようさせていただいているshine

Dsc_0048 Dsc_0005

寄席のトップバッターは“三遊亭歌る多”。女性初の真打ち昇進を決めた実力派で、軽快な落語でお客様を引き付ける。
続いては、見ているだけで自然と笑みがこぼれる“青空球児・好児”…。結成して45年♪という信頼関係から醸し出される絶妙なトークが、会場全体を笑いの渦に巻き込む。

Dsc_0013Dsc_0035_2 
3番手は“林家ニ楽”による神切芸だ。寄席の高座も経験しており、話術も神の手のような巧妙技も巧みである。スクリーンに映し出された作品はまさに芸術♪

そしてトリは4代目を2009年に襲名した“江戸家猫八”。歴史と伝統、そして芸術域にのぼりつめた物真似芸のステージショーは圧巻だ…。

Dsc_0043

Dsc_0055

多くのお客様の笑顔で、会場には一足早い春が来た。ご来館の皆様…本当にありがとうございましたrock

|

« 2009年9月 | トップページ | 2010年4月 »